So-net無料ブログ作成
検索選択

お石灰でした [川乗]

3/24 [曇り]
Kシマさんと川乗へ。
久しぶりの奥多摩クライミングで~す[るんるん]
一年ぶりのヤマネの塔。特にやりたいルートがあるワケではないですが、今回は石灰岩リハビリということでずっと宿題にしたままだった『牛澤ルート』を登ってみました。前回トライした時は所々氷が張っていたせいかエラい難しく感じましたが、状態が良ければなかなかの好ルートだと思います。ランナウトっぷりも奥多摩らしく痺れますよ~[ぴかぴか(新しい)]調子に乗ってこちらも長いこと放置中だった『ダブルダッチジャム』もトライしましたが、やっぱり核心の数手が意味不明。誰か正解ムーブ教えてくださーい[もうやだ~(悲しい顔)]
Kシマさんは『ホカロン』をトライするも上部のハング越えで苦戦。前日の二子疲れでは?
最後に前回同様、『待ちぼうけ』を暗闇の中、二人で怒涛の絞り出し[あせあせ(飛び散る汗)]当然ながら今回も登れませんでしたけど・・・。あ~疲れた[たらーっ(汗)]
Kシマさん、お疲れ様でした~[眠い(睡眠)]

・キャットウォーク
・牛澤ルート  2RP
・ダブルダッチジャム 2×
・待ちぼうけ ×

        P1020529.JPG
                 『ホカロン』核心手前のKシマさん。

        P1020527.JPG
                『牛澤ルート』。なかなかの好ルートです。






極寒川乗 [川乗]

2/11 [晴れ]
Kシマさんと川乗へ。
最近メキメキ力を付けてきたKシマさんに、私のベストルートの中でもトップ5にランクインする『ブラックジャック』を是非とも登っていただきたいと2年ぶりにこの岩場にやってきたのだが、お目当ての”ヤマネの塔”は所々ツララ&ベルグラが張り付き、さながら冬壁仕様になっていた。おまけに気温は日中でも3℃程度で寒風も吹き上げ、日の当たらない岩場下部は拷問のような寒さ[たらーっ(汗)]
超ドMクライマーの方々には最高のコンデションでした[exclamation]
最近ノーマルだった我々には刺激的すぎて、おかげで変なスイッチが入ってしまい完全に日が暮れるまで遊びまくってしまいました[るんるん]
Kシマさんお疲れ様でした~。また遊びましょう[exclamation&question]

・熱血応援団 OSm 感覚なし。
・牛澤ルート  3×  冷たすぎ、お話にならない。
・期待の星  OSm やけくそ。
・待ちぼうけ  ?×  日が暮れるまで怒涛のトライ。

        画像 311.jpg
            『牛澤ルート』。面白いルートだったが・・・。ランナウト注意!!


意地です [川乗]

4月11日 [[晴れ]のち[雨]
昨日に続きK藤さんとクライミング。今日はS田さんも加わり、これまたご無沙汰の川乗・ヤマネの塔に向かった。当然貸し切りと思われた岩場には、またまたK藤さんの二子仲間のIむらさんとY子さん(?)パーティーがやってきた。コンデションは『ヤマネコロコロ』と『ホワイトイーグル』以外はどこかしら染み出しがあるといった状態。ヤマネの塔で私がやりたいと思うルートは正直・・・なので、私はすぐ下の“ディンギーフェイス”で登らせていただくことにしました。

・ヤマネコロコロ(10b)
・トリマラン(11c) 2RP
チョーク跡の全くないルートをOSするというのはホントに難しい。上部ののっぺりフェースはパツパツで私のリーチでギリギリといった感じでした。
・カタマラン(11c) 1RP
K藤さんのトライ後に降り出した雨はあっという間に本降りとなってしまい、傾斜の弱い壁はみるみる濡れだしてしまった。急いで回収便を出すがこの雨で逆に闘志に火がつき、ビショビショになりながら意地でRP。上部フェースのホールドには水が溜まり足を滑らせながら登ってました。アホですね・・・。  

K藤さんとS田さんは『Wイーグル』のムーブ探り。3時過ぎから降りだした雨で中間部の核心のカチ地帯は未解決のまま終わってしまいましたが、今度はまたお二人でじっくりムーブづくりに来て下さいね。

石灰岩シーズンももうすぐ終わりですね。と、言っても今シーズンはほとんど石灰岩に触らずに仕舞いでしたけど。K藤さんS田さん、今日も一日ありがとうございました。

           画像 010.jpg 
                『Wイーグル』のS田さん。いい天気だったのに・・・。

花粉特濃 [川乗]

3月16日 川乗 [[曇り]時々[晴れ]
メンバー:S田さん

今日こそ決めたいS田さんの“BJ”。
中間部の第一核心さえ抜けられれば、RPの可能性は大いにあるのだが・・・。
“対岸”の岩場が気になっているオイラにしても、ここは是非登って頂きたいのです!!

ヤマネの塔に珍しく先客が1パーティー。あれっ?よく見たらK田さんじゃないですか!どうもどうも。
一緒におられる方は、あの開拓クライマーA川さんとのこと。こんな所でお目にかかれるとは誠に光栄でございます!
この後、我々がのんびり準備をしていると、何とあのY野井さんまでやって来た。偶然にも一昨日、著書の「垂直の記憶」を読み返したところだったので感激もひとしお!残念ながら今日は岩場を見ただけで帰られてしまいましたが、いつかまた白妙のときのような熱いクライミングを拝見したいです!

・キャットウォーク(10c) RP

・かっとびストリート(11d) 1RP
先週解決したムーブでやっとRP。今日は少し手順を換え、超ウスカチからデッド5連発で終了点のガバを取った。最終ピンからが全ての濃縮ルートです。★★。

・ダブルダッチジャム(12a) 2×
う~ん・・・このルートよくわからん。まずどこからスタートするのかわからず、核心のムーブも全くわからない。核心は“キャットウォーク”に合流する手前の被ったカンテだが、これもこの部分に12の全てが濃縮されている。“かっとび”も濃いがこちらはさらに濃い。まさに特濃牛乳のようなルートだ。
これは厄介なモノに手を出してしまった・・・。

さて、気合い十分のS田さん。1便目は第一核心でフォール。ドンマイドンマイ。勝負の2便目。いつもよりシェークする機会が多く余裕があるように見える。そして核心・・・ガンバー!!声援及ばずフォール・・・。残念・・・。この悔しさを晴らすように、また”モノハル”でトドメをさしていました。
川乗の修行はまだ続きそうです・・・。

それにしても今日は花粉が強烈だった。この花粉発生源のような奥多摩の山の中に一日中いると、さすがに目も鼻もグシュグシュです。つ・・・ついにオイラも花粉症デビューか?
S田さん、花粉に負けずまた頑張りましょう!!

PS:A川さんによりますと、この冬、山梨の兜岩で新たな開拓を行ったようです。発表はしないそうですが、”山梨県フリークライミング情報”のHPに掲載するとのことです。楽しみにしてます。


     P1000388.JPG
        K田さんは”BJ”と”モノハル”をそれぞれ2撃!さすが!!


     P1000387.JPG
       ”モノハル”をマスターOSのA川さん。やっぱ強え~!

奥多摩えぇな [川乗]

3月9日 川乗 [晴れ]
メンバー:S田さん、塚さん

やっと戻ってきました奥多摩に。今日はS田さんのご希望で川乗へ行くことになりました。
春の日差しと花粉に包まれたヤマネの塔。いつ来てもここは静かで落ち着くな~。
最近誰かやってきたのか、壁にはチョークの跡とマットの残置物。
いつの間にか、このヤマネの塔も登りたいルートが少なくなってきてしまった。
嬉しいような悲しいような・・・。

・キャットウォーク(10c) RP
アップ。ついでに宿題にしたままだった“かっとびストリート”にヌンチャクをかけてしまう。

・モノハル(11b) 2RP
すぐ下のディンギーフェースにあるルート。トポで★★★になっているので以前から気になっていた。
1P目は簡単だが遠いので要注意。2P目付近が核心で見た目よりホールドが悪くテンション。何とか自分なりのムーブをつくり次便でRP。ん~なかなか!さすが三ツ星!!
ちなみにこのルート、12を30本オンサイトしているO谷さんが、昨年トップアウトできずハマっていた。
ウッシシ・・・。

・かっとびストリート(11d) 2×
昨年何回かやったが、全くムーブが解明できなかったルート。最終ピンまでは問題ないのだが、そこからがさっぱりわからない。
今回1便目で少々粘らせて頂き、ようやくムーブを解決した。2便目はこのムーブをこなし、最後のデッドも止まったのだが、掴みどころが悪く、もう一度デッドで持ち直そうとしたらフォール。チョー指痛―っ!!
ここの核心ちびムーブは、超ウスカチからデット2連続、2手繋いでさらにデッド2連発で終了点のガバとなる。この部分だけでも切り取って、下の方にあったら面白いボルダー課題になるんだけどな。

先月の残業時間130hのS田さん。”BJ(ブラックジャック)”、1便目はかなり余裕ある登りでもしやRPか?!と思われましたが惜しくもフォール。でも今回、中間部の核心で新たなムーブを発見した様子。最後は”モノハル”でトドメ!岩場でも残業していました。
塚さんは体調不良にもめげず”モノハル”トライ。慣れない石灰岩と奥多摩ルートに苦戦か?!諦めずに頑張りましょう!

白妙は今日最高のコンデションだったな・・・。
S田さん、塚さんまた頑張りましょう!


        画像 059.jpg
             ”かっとびストリート”最終ピンからが勝負!!       

        画像 061.jpg
             ”BJ”S田さん。なかなか登らせてもらえません。        

       画像 064.jpg
                     ”モノハル”。★★★。        

嬉しウッシー [川乗]

1月2日 川乗 [晴れ]

2008年もいよいよスタート。今年もよろしくお願いします!
新年のクライミング初めはやはり奥多摩から。白妙がまだ登れそうにないので、川乗に行くことにする。パートナーは今年も当然の如くS田さんです。

        
                       ”ヤマネの塔”

当然、今回も貸切であろうと思われた岩場に一組のパーティーがあらわれた。この川乗の岩場で他のクライマーと遭遇したのは初めてだ。
話をしているうち、どこかで見たことがある人だな~と思い、お名前を確認してみたところ、やはり「12ルート30本RP計画」進攻中のよねひこさんでした。
どうも、どうも!いつもBLOG拝見させて頂いております!こんな所でお会いできるとは嬉しい限りです!K子さん、ウッチーさんと、よねひこさんのBLOGでよく登場する方々もご一緒。なんか嬉しいな~。
今日はもう1パーティーがやってきて、狭いヤマネの塔は大盛況。こんなことも珍しいけど、正月らしく賑やかでいいや。

・雪の川乗路(10b) OSm
たまには違うルートでアップをしようと思ったのですが、このルート、ずいぶんとランナウトしている上、朝の岩の冷たさで、泣きが入りそうになりました。新年早々エラい怖い思いをしました!

・ウッシーⅡ(12b) 3RP
[1便目] 前回触ってみてとても面白いルートだったので、今年はこの課題からスタート。どのホールドも粉っぽいので、まずはヌンチャク掛けがてらの清掃作業。チョーク跡の全くないルートを、一つ一つホールドを探しながらムーブを作っていくというのはホントに楽しい。終了点の腐ったスリングを交換し、ルート上部にかかる木の枝も切らせて頂きトライの準備は整った。
[2便目] 3ピン目まで行ったがクリップができない。ヌンチャクを掴もうと思ったら取り損ない、そのままフォール!半ハンギングビレー状態のS田さんも一緒に飛ばされる。すみません・・・。
[3便目] 出だしから結構パワーを使う。問題の3ピン目はヒールクリップで解決。アンダーで体を引き上げ、右縦ホールド、そして左2本指ポケットへデッド。さらに上の穴を取って4ピン目クリップ。細かいホールドに乗り込み、体が引き剥がされそうになるのをグッとこらえ、水平カチにキョン気味で乗り込んでガバが掴めれば実質終了。
昨年のクリスマス以来、ずっとなまけ気味だった今の自分に、ボルダチックなこのルートはちょっと厳しいかなと思っていたので正直登れてうれしかったです!面度臭いこのルートのビレイにお付き合い頂きたS田さんに感謝です!ありがとうございました!

S田さん、本日の“BJ”は、最上部のカチ地帯のムーブもほぼ解決し、残すは中間部の核心をいかにこなすかという所まできました。また次回、頑張りましょう!!(“BJ”の終了点のスリングもS田さんが交換してくれました。)

今日の朝方は岩場にツララが下がる寒さでありましたが、日中は寒さもさほど気にならず、今年最初のクライミングに“お年玉”まで頂き気持ちいいスタートを切ることができました。
クライミング4年目の今年、有名所はもちろんですが、川乗のような隠れた“名ルート”にまた出会えたら嬉しいな。

よねひこさん、川乗気に入っていただけましたか???

【ウッシーⅡ(12b)】
前傾したカンテを、ヒールを駆使して登るボルダチックルート。短いですがテクニカルでパワー全開!こういうルート大好きです。通算4便。★★★ 


        
           ”BJ”の核心で悩むS田さん。どうやらここは鬼門らしい・・・。


        
           ”BJ”核心付近のよねひこさん。初川乗はいかがでしたか?


        
             ”ウッシーⅡ”。”ウッシー”シリーズはみんな面白い!


Wイーグル [川乗]

12月22日 川乗 [曇り]

今週も二子予定であったが、天気が怪しそうなので川乗へ予定変更。
三週連続の二子への長い道のりと、あの順番待ちは正直シンドイな~と思っていたので内心ホッとした気分だった。だが今日はかなり冷え込むとの予報。城山あたりへの転進をS田さんに持ちかけてみたが、S田さんの奥多摩への熱意に押され予定通り川乗へ向かうことにする。
何か以前のオイラと立場が逆転してしまったようです。
でもS田さんが奥多摩にこだわってくれるようになったのはとっても嬉しい。S田さんさえその気なら、喜んでお供いたしやす!!
当然ヤマネの塔は貸切状態。曇ってはいるが寒さの方は思ったほどでもなく、久しぶりにのんびり、のびのびとクライミングを楽しめた気分だった。

・ヤマネコロコロ(10b) ○
ランナウトが怖いので降りながら“ホワイトイーグル”にヌンチャク掛けしてしまう。“南”に行くつもりでいたので短いロープで来てしまい、下まで届かなくなってしまった。”ヤマネの塔”を登るなら50mロープが無難です。

・ホワイトイーグル(12a) 2RP
[1便目] 岩は冷たいが先週の二子に比べれば全然マシだ。核心入り口のクロス気味にカチをとる所でフォール。ついでなので念入りにムーブを探ってみると、前回かなりのランナウトを強いられた核心のクリップも、足をちゃんと決めれば何とか普通にクリップできることが判明!次はコレだ。
[2便目] 核心入り口のカチは一目瞭然で掛かりはいい。4手目あたりからだんだん悪くなり、三角ガバカチでクリップ。さらにミニカチと外傾ホールドでガストン、右足で乗り込んで右上の甘カチ、引き付けて2本指ポケットが取れれば核心終了。後は慎重に終了点まで登る。
このルートもトポには★がついていないですが、なかなか面白いルートです!

・ウッシーⅡ(12b) 1×
これも以前から気になっていたルート。前傾したカンテを登るボルト4本の短いルートですが、テクニカルでパワー全開!最近登られた痕跡は全くなく少々粉っぽかったですが、オイラこういうルート大好き!!絶対またやりに来よう!

S田さんは“BJ”。中間部の核心と最後のフェースで苦戦中。私の今まで登った全てのルートの中で、面白さランク最上位に入る“BJ”。是非S田さんにも登ってもらいたい・・・。ガンバです!またやりに来ましょう!!

【ホワイトイーグル(12a)】
出だしは“ブラックジャック”と共通で、丸くエグれたハング左端を目指して登ります。核心はカチパワーとフットワーク。足を決めれば核心のクリップはランナウトしないですみます!通算3便。★★ 

          
                   やっぱり奥多摩は静かでいいな。


ホカロン [川乗]

12月2日 川乗 [晴れ]

ようやく奥多摩に帰ってきた。
今日はかねてからK藤さんのご希望であった、川乗の岩場に行くことにした。川乗は奥多摩の山々に囲まれた本当に静かな岩場で、訪れる人は殆どいないが、ルートの質は高く、私の大好きな岩場のひとつである。
メンバーS田さん、K藤さん、そしてI川さんも参戦決定です。

久しぶりに白妙の岩場を覗いてみると、貼り紙がしてある。何か良からぬことが書いてあるに違いないと思い、恐る恐る内容を読んでみると、JFAによる“ウォー”、“ウッシー”両ルートの整備作業のお知らせだった。
クライミング自粛中の白妙でルート整備が進んでいるとは・・・。何か“解禁”が近づいているような気がして嬉しくなってしまう!!

 

       
           白妙の岩場に貼られてあった貼り紙。”解禁”間近???



・ヤマネコロコロ(10b) ★★
何度登ってもいいルートだ。100岩場の写真の箇所はかなり上部です。

・ホカロン(12b) 2RP
取り付く人がいないのか、ホールドはどこも粉っぽく、1便目はお掃除&ヌンチャク掛けとムーブ探り。
キャットウォーク”と分かれてからのライン取りに悩むが、私はボルト左側の浅~いコルネ状沿いに登りました。その上は”ブラックジャック”と非常に近接するが、BJには入り込まないように直上し、核心のハング越えへ。
ここは100岩場のコメント通り、ホールドの使い方とフットワークが重要で、最後はカチからガバへデッドで終了です。
先週の二子のお陰か、ホールドは悪いですが傾斜がない分とても楽に感じられ、思いもよらず2便で終わることができました。わぉ!!

ホワイトイーグル(12a) 1×
次の機会の為に触っておきました。中間部の大きくエグれたハングっぽいところが核心で、膝下クリップのランナウトになります(100岩場のコメント通り!)。ひょっとしたら行けるかな~と思いましたが、ランナウトにビビッてフォールしてしまいました。
次回宿題へ・・・。

S田さん、K藤さん、I川さんは”ブラックジャック”をトライ。
先週の”北楽師門(12a)”、先日の”ジェット(12a)”とたて続けにRPを決めて絶好調のS田さん、BJ上部のカチ地帯には苦労している様子でした。
初川乗のK藤さんは”ヤマネ”と”キャット”をOS。BJの核心は遠くてキツそうでしたが、諦めないで頑張りましょうね!
I川さんの2便目は惜しかった。来週来れば片付きそうですが、すみません、来週はお付き合いできないので・・・。

コンデションもバッチリだった川乗。傾斜はないですが、二子の”ノース”より長いと思われる”BJ”や”ホカロン”といった好ルート。これらを登りにくるだけでも十分に価値はあると思います。
静かにクライミングがしたくなったらまた来たよう。そうそう白妙も待ってるぜ!?
今日もみなさんお疲れ様でした。またよろしくお願いします!

【ホカロン(12b)】
下部は”キャットウォーク”。隣の”ブラックジャック”と近接しながら登るので、BJに入り込まないよう気をつきましょう。核心のハングは真下から直登。ホールド使いとフットワークが鍵です!通算2便。★★

       
             ”BJ”のK藤さん。おNEWの赤いロープが目立つ!

 

 

       
                ”ウッシーⅡ” 厳しそうだけど面白そう・・・。

 


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。